(完全予約制)072‐250‐5570
大阪府堺市北区中百舌鳥町
地下鉄御堂筋線・南海高野線・泉北高速鉄道「なかもず」駅すぐ
トップページ   店舗情報   リンク   ブログ   過去のブログ

ようこそ、のぞみ整体院のホームページへ

店内の写真

当院では、

・腰痛、肩こり、頭痛などの「慢性的な身体の不調」
・ぎっくり腰、打ち身によるハレなどの「急性的な身体の不調」

の、根本からの改善を目指しています。


長年の腰痛で動くのがおっくう……。
マッサージを受けてもすぐにこり感が戻ってくる……。
しょっちゅう頭痛がしてつらい……。

これらの症状は、根本原因に施術することで改善・消失する場合が少なくありません。その根本原因とは「むかしの古傷」。つまりなかなか楽になりきらないしんどさは、「古傷の後遺症」であることが多いのです。


しんどさ(後遺症)のもとになる古傷は、

骨折、ひび、脱臼、打ち身、火傷、切り傷などの「部分的なケガ」
転倒や転落、交通事故のような「全身のケガ」

といったありきたりのケガです。
これらのケガは、傷が治って数十年経った後でも自然には戻らない傷痕(=「癒着」)を身体に残します。癒着ができると、身体のバランスはゆがみますので、全身の姿勢・動きに無理がかかります。その結果、傷痕とはべつの部分(たとえば肩とか腰)に不調が起こるのです。


ですから当院の施術では、独特な検査で癒着を探しだし、ていねいな手技で処置していくことで、全身のバランスを改善していきます。
骨をポキポキしたり、急激に力をかけたりはしませんので、赤ちゃんやお年寄り、妊娠中のかたでも、安心して受けていただけます。


これまでにいろいろな療法を受けたけれどよくならなかった。
どこに行けば改善するのかわからない。
でも、あきらめるにはつらすぎる。

そんな複雑・がんこな症状でお悩みのかたも、ぜひ一度、のぞみ整体院までご相談ください。
ページ先頭へ

適応症状

慢性・急性の身体の不調
腰痛 頭痛 背中の痛み……といった全身/各部の痛み
肩こり 足がだるい 手がしびれる……など、全身/各部のこり、だるさ、しびれ、違和感
不眠 中途覚醒 いつも眠い……といった睡眠の不調
生理痛 月経不順 妊娠しにくい……といったおなかの筋肉のこりにまつわる症状・不調
ほかにも、冷え性 めまい 胃腸弱 体質虚弱(風邪を引きやすいなど) 姿勢の悪さなど

事故・ケガ・手術にまつわる身体の不調
交通事故などの後遺症状 ケガや手術の傷痕のつっぱり感、治りにくさ

赤ちゃん・子どもの、不調・不安定
疳の虫(かんしゃく) 体質虚弱(風邪を引きやすい、すぐ熱を出すなど) 夜泣き・夜驚・不眠 落ちつきがない 顔色が悪い 成長痛

……など。
ページ先頭へ

よくある質問

どのような古傷が、身体の不調の原因になるのですか?

 経験的に、皮膚の表面が少しだけ傷ついたような軽いケガでは、身体の不調はおこりにくいようです。皮膚表面は、ある程度、日常的に傷つくことを想定したつくりになっているからでしょう。
 注目するのは、骨折、ひび、脱臼、深い切り傷、手術の傷痕、やけど、転落事故や交通事故のような全身/局部の激しい打ち身などです。軽く思われがちなのに意外なほど深刻なことが多いのは、指先にできた深い傷と、幼いころの激しい打ち身です。指先の傷が根深い肩こり・頭痛の原因だったり、あるいは、幼いころに階段から落ちたことが全身のさまざまな不調の原因だった、ということはよくあります
 子どもの身体は、整体でみつかる傷の何倍もの傷を日々つくっているはずですが、そのほとんどは、施術の必要がありません。「大人になっても憶えているくらいの大ケガ」というのが後々、身体の不調をひきおこすようです。ただしこれもあくまで目安で、幼すぎて憶えていないけれどたいへんな傷痕とか、ケガの心当たりはないけれどきわめて重要な傷痕とかが、施術をしていてみつかることは珍しくありません。

10年以上前の古傷でも関係ありますか?

 慢性的な身体のゆがみをつくるのは、生々しい「傷」よりもむしろ「傷痕」です。ですから何年前の傷であっても、原因になることはあります。古傷の古さでいうなら、当院に来られた方のなかでは、70代の方の身体から2才のときの切り傷の痕がみつかった、というのが、ご本人に心当たりのある傷でいちばん古いものでした。ご本人に心当たりのないものであれば、おなじく70代の方からおそらく生後すぐの打ち身? と思われるケガがみつかったことがあります。もちろんこれは、どのようなケガか、本当にケガがあったのか、確認はできませんでしたが。
 いずれにせよ、ゆがみをつくるほどの傷痕は、そうとう長く身体に残るようです。10年どころか、20年30年はあたりまえ、という感じです。そのような傷痕のことを当院では癒着(ゆちゃく)とよんでいますが、その癒着をはがすことが、施術におけるいちばん大事な作業になります。

癒着とはなんですか?

 癒着は、傷ついた皮膚・筋肉にできる一種のカサブタです。
 皮膚や筋肉に傷がつくと、糊のようなパテのような固まりが集まってきます。傷口をかため、出血をくいとめるためです。これが癒着の本来のはたらきで、身体がおこなう大切な応急手当です。
 癒着の固まりは、皮膚にできた傷であれば、「傷痕」になって残る場合があります(たとえば切り傷、やけど)。白っぽい(あるいは赤っぽい)、少しツヤのある固まりです。一方、皮膚に傷のないケガでは、外から見てわかるカサブタはできません(たとえばひどいねんざ、打ち身)。ですが、身体の内側にはおなじような固まりができています。
 カサブタは、傷口をふさぐためにつくられる大事なものです。しかし大きな難点が2つあります。実際の傷よりも広い範囲を貼りあわせてしまうことと、一度できたカサブタはきわめて取り除きにくいことです。これが、あとあと問題になります。癒着ができて、本来はばらばらに動くはずの皮膚と筋肉とがまとめて貼りあわされると、それぞれの自由なはたらきが低下します。さらにまた、癒着(カサブタ)は血液を通しませんので、癒着の周囲の血流が悪化します。これらの、皮膚・筋肉に生じる不自由さと、血流の悪化が、身体全体のはたらきをそこない、さまざまな症状・不調が、全身のいろいろな部分におこることになります。

身体の不調の原因は、姿勢が悪いからですか?

 これもよく訊かれることですが、当院では、考え方の順番を逆にします。「悪い姿勢」だから⇒⇒身体がゆがむ、のではなく、身体がゆがんでいるから⇒⇒「悪い(ように見える)姿勢」になってしまう、「悪い(ように見える)姿勢」でしか動けない。そういう理解です。
 たとえは悪いかもしれませんが、ゆがみのある身体というのは、ハンドルの曲がった自転車のようなものです。まっすぐに走ろうと思ったら、ハンドルはいくらか傾けなければなりません。身体もそれとおなじで、なんらかのゆがみを抱えながら、なるべく楽に生きようとすれば、姿勢はいくらかかたよらせることになります。このかたよりは無意識にされるものですが、全身のバランスを考えると、そうなることが自然で、適切です。「悪い」姿勢は「悪い(ように見える)」だけで、その人の身体にとっては理にかなった、計算されつくしたバランスに基づく、絶妙の姿勢なのです。
 ためしに「悪い姿勢(あるいはよい姿勢)」を意識してつくってみてください。すぐに疲れてしまうでしょう? 意識的につくった姿勢は、長くは続けられないのです。いつのまにか、もとの姿勢、つまりその人のゆがみに応じた、その人の身体にとっての最適の姿勢に戻っています。
 ゆがみのある身体では、まっすぐな姿勢は維持しにくいのです。それでも無理にまっすぐでいようとすると、かえって、身体には負担がかかります。少しくらい見た目が悪くても、自分にとって楽な、自然な姿勢で生活していくほうが、長い目でみると身体にはやさしい――これが当院の立場です。癒着がうまくはがせると、身体のゆがみは元から改善します。そうすると姿勢は自然に変化します。もちろん、このときの変化も意識してつくるものではありません。ゆがみのあり方が変わったから、それに応じて姿勢も変わるだけのことです。
ページ先頭へ

院長略歴

名前:白柳 直子(しろやなぎ なおこ)

 2003年、日本カイロプラクティックドクター専門学院大阪校を卒業。2004年、マーク・ブライアンD.C.の下でアプライド・キネシオロジーのセミナーを修了。その後、中国医学の理論を、鍼灸師の故・岡部素道先生が書かれた2冊の教科書(『鍼灸経絡治療』『鍼灸治療の真髄』)と、中国医学の古典『黄帝内経 素問』とで独学する。
 そうして、経験を積むうちにやがて、「身体の不調」と「古傷」の関係に注目するようになり、独自に、「傷痕の癒着」への施術を工夫しはじめる。この工夫と経験の積みあげ作業は、現在も地道に継続中。

著書:
 『身体のトラウマ』(2009年 大阪公立大学共同出版会)
 『身体の話』(2014年 大阪公立大学共同出版会)
ページ先頭へ

トップページ   店舗情報   リンク   ブログ   過去のブログ

のぞみ整体院